あなたのカーナビ選びを強力サポート!! 〈カーナビニュース・ドットコム〉
carnavi-news.com


carnavi-news.com SPECIAL CONTENTS!!!

安心と快適の新ストラーダ 美優Navi登場!!

先進のエンタメ性と抜群の実用性を持つ 最上級モデル
Panasonic Strada 美優Navi CN-RX01WD/CN-RX01D
価格:オープン(実勢価格:18万円前後)
問い合わせ:パナソニック TEL 0120-50-8729  http://panasonic.jp/navi
●REPORT 浜先秀彰(Hideaki Hamasaki) ●PHOTO 山手良樹(Yoshiki Yamate)
 パナソニックのAV一体型ナビ、「ストラーダ」からAV機能、ナビ機能を一新させた「美優Navi(ビ・ユーナビ)」が誕生した! 従来から好評の扱いやすさや実用性の高さなどを継承しながらも、パナソニック独自の新機能を追加することで安心感や快適性をグレードアップさせている。
 今回紹介を行うのは美優Naviの「RX01」で、業界トップクラスを誇るナビ機能、エンタメ機能を搭載したハイグレードモデルだ。カーナビに初めて触れるエントリーユーザーから、毎日クルマを利用するヘビーユーザーまで満足できるオールマイティな1台に仕上げられている。
 
PART 1 
オリジナリティあふれる3つの注目ポイント
 PART 2 ナビもエンタメもトップレベルの実力  
PART 3  開発担当者が語る美優Naviならではの魅力  

ブルーレイディスクも楽しめる

CN-RX01WD
〈200mm ワイドサイズモデル〉
 CN-RX01D
〈180mm 2DINサイズモデル〉
 美優Navi RX01には2モデルを用意する。「CN-RX01WD」は200mmワイドサイズボディを採用し、トヨタ車、ダイハツ車、日産車、一部のスバル車にスペーサーを利用することなくジャストフィットする。また、「CN-RX01D」は180mmの2DINサイズボディを採用し、さまざまなクルマに装着を可能としている(一部車種は取り付けキットが必要)。操作キーの配置やロータリー型ボリュームの有無に違いはあるが、機能面では共通。車種に合わせた選択を可能としている。
 

●薄型ブルーレイディスクプレーヤー

●ブルーレイディスク再生画面
 驚くほど多くの機能を搭載しているモデルだが、その中でもひときわ話題となっているのが、ブルーレイディスク再生に対応していることだ。
 これはAV一体型ナビとしては業界初となるもので、新開発された薄型メカを搭載。他メーカーに先駆けて発売できたのはホーム用で多くのブルーレイディスクプレーヤーを発売しているパナソニックだからこそ。従来、車内でビジュアルソースといえば地デジやDVDだったが、これにブルーレイディスクが加わり、お気に入りの映像を高画質で長時間(約10時間50分!)観られるようになる。もちろんセルソフトだけでなく、自宅のレコーダーで録画したテレビ番組などもダビングして観られる。
 実際に車内でブルーレイディスクを鑑賞してみたが、明らかにDVDよりもワンランク上のきめ細かく滑らかな映像が楽しめる。
 しかも読み込み時間のロスを短縮したスピード再生も実現。待たされる時間はほとんど感じない。
 そしてオプションにはカメラ付きリアモニターの「CA-RMC900D」をラインナップ。美優Navi RX01とはHDMIによる接続が行えるうえ、ディスプレイは9型WSVGAを搭載するためブルーレイディスクならではの高品位な映像を存分に味わえる。リアモニターのフロントパネルには内蔵された小型カメラで後席の子供やペットの様子をナビ画面でチェックできるのも便利だ。ファミリー層にはぜひシステムアップをオススメしたい。

●オプションのカメラ付きリアモニター「CA-RMC900D(2014年冬発売)」

うっかりミスを防ぐ新機能を搭載


●安心運転サポート(制限速度案内・一時停止案内)
 安心運転サポートは、その名の通り安心ドライブを実現するスグレモノの機能だ。
 走行中にドライバーが運転に気を配らなくてはいけないポイントにさしかかると、画面上に標識が割り込み表示をしたり、音声による案内が行われる。ドライバーがうっかり標識を見落として違反や事故を起こすことを未然に防ぐ効果が期待できるのだ。
 対応しているのは「一時停止案内」、「制限速度案内」、「踏切案内」、「合流案内」、「指定方向外禁止案内」、「高速レーン減少案内」、「カーブ案内」、「事故多発地点案内」、「ライト点灯案内」、「速度超過警告」の10種類。いずれも前方を向いて運転していても画面が少しでも視界に入っていれば気付くことができ、役立つこと間違いなし。そのうえ、ストラーダチューンによって表示の有無やガイダンスを常時行うかどうかなどを好みに合わせて調整ができる。さらにオプションのフロントインフォディスプレイ(FID)を接続すればコンバイナユニット(ディスプレイ部)に映し出すことも可能で、より効果を高められる。

●制限速度案内

●カーブ案内

●ライト点灯案内

●ストラーダチューン

声でナビを簡単コントロール


●音声認識機能(コンビニ周辺検索)
 ストラーダ初のクラウド型音声認識機能を搭載。メニューボタンの長押し(純正ステアリングスイッチ、ツートップメニュー画面内のマイクアイコンの操作でも可)をした後に付属のマイクに向かって話しかけるだけで目的地検索や周辺検索、ルート探索の操作が行える。
 対話式を採用しているため、ナビと会話をするように、質問に答える形で操作が進む。特別に使い方を覚える必要がなく、だれでも自然に扱える。しかも情報処理能力の高いクラウド型のため、一般的な話し言葉の多くを認識できるのだ。上の動画では周辺検索を行っているが、これを見れば認識率の高さや使い勝手のよさが一目瞭然だろう。しかも「ルート左側」や「渋谷駅近く」といった条件を付けることも可能だ。施設名称や電話番号、住所などを話すことでピンポイントの地図表示もできる。また、利用時にはナビの話した言葉とユーザーの話した言葉がフキダシ状に画面に表示されるため、正確に操作ができているかどうかが確認できる。検索結果リスト(3件まで)や地図が表示されるのも親切だ。

●音声認識機能(目的地検索)
 音声認識機能は面倒な文字入力やリスト選択の手間から開放されるために、出発前の目的地設定作業が大幅に簡略化される。そのうえ走行中でも安全に利用ができるのだ。
 この音声認識機能を使用するには、iPhoneまたはAndroidスマホにパナソニックオリジナルアプリの「Drive P@ss(無料)」をインストールし、Bluetoothによる接続を行う。利用に当たっての会員登録は不要で利用料も発生しない。
 オプションに用意されているフロントインフォディスプレイ(FID)の接続時にはナビとユーザーのやりとりや検索結果リストをコンバイナユニット(ディスプレイ部)に表示することができ、さらに使いやすさを高められるだろう。

●フロントインフォディスプレイ

●コンバイナユニット表示
 
 PART 2 ナビもエンタメもトップレベルの実力  
PART 3  開発担当者が語る美優Naviならではの魅力  

モデル名などの入力で記事を検索!