あなたのカーナビ選びを強力サポート!! 〈カーナビニュース・ドットコム〉
carnavi-news.com


carnavi-news.com SPECIAL CONTENTS!!!

ケンウッド彩速ナビだけの 心地よい高性能!

美しい映像とハイレスポンスに 一段と磨きをかけて進化
 KENWOOD 彩速ナビ MDV-Z700
価格:オープンプライス
問い合わせ:JVCケンウッド TEL 0120-2727-87  http://www2.jvckenwood.com/products/carnavi/
●REPORT 浜先秀彰(Hideaki Hamasaki) ●PHOTO 澤田和久(Kazuhisa Sawada) 
 ケンウッドの人気ブランド、「彩速ナビ」がフルモデルチェンジ。美しく鮮やかな高画質と業界最速のハイレスポンスにさらに磨きをかけ、ナビ機能、AV機能ともにグレードアップさせている。さらに時代のニーズに合わせてスマホとの連携をさらに強化し、注目度満点の1台に仕上げられている。今回はシリーズ最上級となるMDV-Z700を中心に、新世代「彩速ナビ」の魅力をたっぷりとお届けしよう。
 
PART 1 
スムーズな動作と高い信頼性のナビ性能
 PART 2 自慢のAV性能はさらにグレードアップ  
 PART 3 開発担当者が語る彩速ナビの魅力  
 

新スタイルの操作で使い勝手が向上

 彩速ナビはハード、ソフトともに一新され、間違いなくクラストップレベルの性能を身に付け、美しい映像とハイレスポンスという、彩速ナビの特徴に加え数々の新機能を搭載している。

●ホーム画面からの操作

●地図画面からのウインドウ操作

●地図スクロール&スケール切り替え操作
 まず注目したいのは、コントロール性の一新だ。従来からのタッチパネルに加えてフリックやドラッグ、ピンチイン&ピンチアウトなどスマホでおなじみの操作を取り入れ、さらに独自の操作方法も導入した。
 画面の中央にあるHOMEボタンを押すと、ホーム画面と呼ばれるまったく新しい表示を展開。右側のいちばん上の動画を見てもらうとわかりやすいが、1つの画面に現在地付近の地図、再生中のAVソース情報、4種類のウィジェット(カレンダー、時計、時速/車両勾配/方位またはGPS情報、天気予報)を一度に表示する。しかもそれぞれの情報を見るだけでなく、タッチすればその機能を利用できる。つまりメニューとして役割も果たしているわけだ。さらにこのホーム画面を右にフリックすると情報・設定メニューを表示し、左にフリックすると目的地検索メニューを表示。さらに上から下にフリックすると画面の明るさやナビ音量の設定ができるコントロールメニューを表示する。機能性に富んだ新しいスタイルのメイン画面といえるだろう。
 さらに通常の地図画面にもケンウッドならではの仕掛けが組み込まれている。これは上から2番目の動画を見てもらうとわかりやすいが、左側のフレーム部の上のほうをドラッグするとMAPウインドウ(地図の2画面)、下のほうをドラッグするとAVウインドウ(AVソースと地図の2画面)を表示。さらに右側のフレーム部の上のほうをドラッグするとSRCウインドウ(AVソースメニュー)、下の方をドラッグするとTELウインドウ(Bluetooth対応スマホ&携帯電話の操作メニュー)を表示する。地図画面からダイレクトに使いたい機能にアクセスができるというスグレモノだ。
 また、彩速ナビ自慢のハイレスポンスはさらに能力を向上。デュアルコアCPUを搭載(先代モデルはシングルコア)したジェットレスポンスエンジンIIIや独自のデータ圧縮技術S3フォーマット、車載スペックSSDなどの効果は抜群だ。画面の切り替えはスピーディで、地図スクロールやスケール切り替えでは引っ掛かりなくスムーズ。ルート探索も待たされる時間が無く速い。あらゆる場面でストレスのない動きを披露する。ぜひ上から3番目の動画で確かめてほしい。

安心感の高いナビ性能を実現


●100mスケール地図
 ナビの基本性能についても見どころは多い。ふだんもっとも使用する機会の多い100mスケール地図は左の写真のように道路地図と市街地図を組み合わせたようなデザインを新採用。それぞれの道路の道幅の違いがハッキリとわかり、主要な建物については形状も確認ができる。さらに信号の位置や一方通行といった情報も確認でき、都市部では特に役立つだろう。スクロール時には画面の左上に広域図で位置を把握できるフライビューマップも表示する。

●ピンドロップ周辺検索〜ルート探索
 検索機能が充実しているのも特徴だ。通常の検索項目に加えて、MAPPLEガイドデータとMAPPLE全国SA・PA情報を収録した観光ガイドメニューを搭載。全国の観光エリアや好みのジャンルから、さまざまなドライブスポットを検索でき、写真やテキストによる紹介も見られる。また、上の動画のような新スタイルのピンドロップ周辺検索を備えているのも注目のポイント。ジャンルを選んで周辺検索を行うと地図上にピンが刺さって希望の施設の場所を知らせてくれる。自車位置からの方角や距離感がひと目でわかり、ピンにタッチすれば目的地として設定ができる。リスト表示を選択すれば検索結果を一覧で確認することも可能だ。周辺検索は地図画面上のクイックメニューのアイコンからアクセスでき、使い勝手も抜群。

●クイックメニュー

●観光ガイドデータ
 ルート探索は推奨、距離優先、高速優先、一般優先、高速/距離優先の5つの条件を利用して5ルートを同時探索。各ルートを比較しながら選ぶことが可能だ。ルート案内は走行シチュエーションに最適な案内図を展開。都市高速入口のハイウェイエントランスガイド、立体交差点の立体交差側道3Dイラスト表示、主要交差点の3D交差点イラスト表示、高速道路分岐ポイントのジャンクションガイドなど、数多くのパターンを備えている。

●5ルート同時探索

●3D交差点イラスト表示
 このほか高精度な3DジャイロセンサーにインクリメントPが整備した全国約140万箇所の傾斜情報を収録した「全国主要道高低差データ」を組み合わせた高測3Dジャイロの搭載も見逃せないところ。国道の真上に高速道路が敷設されているような2段構造の場所や、高速道路の脇に国道や一般道が並走するような場所でも正確な自車位置表示が可能だ。

iPhone&Androidで情報取得


●KENWOOD Drive Info.

●NaviCon
 先代モデルからスマホとの連携はライバルの一歩先を行っていたが、このモデルではそれがさらに進化。
 iPhone(iPodインターフェースケーブルを利用)、Android(Bluetoothを利用)にケンウッドオリジナルアプリ・KENWOOD Drive Info.(無料)をインストールすれば、通信による情報取得が実現する。「スマートループ渋滞情報」では全国約70万kmをカバーする道路の最新渋滞情報が得られ、このデータを利用した渋滞回避ルート探索まで可能となる。また、最新のガソリン価格を検索できる「ガソリンスタンド価格表示」や、三井のリパーク、タイムズなどの最新情報がわかる「駐車場満空情報」、全国の天気予報が確認できる「天気予報情報」、テレビ番組で紹介されたスポットが検索できる「テレビdeみ〜た」、複数のキーワードを入力した検索ができる「フリーワード検索」といった、ドライブに役立つ豊富なコンテンツがそろっている。なお、通信機能の利用料は無料(2014年1月末日まで)で、携帯電話会社のパケット定額プランに入っていれば別途に通信料は発生しない。
 従来通りデンソー製のスマホアプリ(無料)「NaviCon」にも対応。 iPhone(iPodインターフェースケーブルを利用)、Android(Bluetoothを利用)とナビの連携が実現し、スマホ画面に表示された地図でナビのスクロールやスケール切り替えを行うとができるほか連絡先の地点データをナビに転送することも可能だ。そのうえ膨大な数のNaviCon対応アプリを利用すれば温泉や道の駅、スキー場、ゴルフ場などのレジャー施設のほか国宝やB級グルメなど、さまざまなジャンルの施設の検索ができ、NaviConを介して彩速ナビに位置データの転送ができる。
 
■主要スペック(MDV-Z700):搭載メディア・容量/SSD・16GB ディスプレイ/7V型WVGA&LEDバックライト タッチパネル/静電容量式 再生対応AVメディア/DVDビデオ・DVD±R/RW/R DL・CD-DA・CD-R/RW・SD/SDHC/SDXC・USB(WMA/MP3/AAC/WAV/FLAC/WMV/H.264/AVC/MPEG-4)・iPod/iPhone・Bluetooth DSRC車載器(パナソニック製・オプション) ETC車載器(デンソー製・オプション) バックカメラ(オプション)接続対応  
 
 PART 2 自慢のAV性能はさらにグレードアップ  
 PART 3 開発担当者が語る彩速ナビの魅力  

モデル名などの入力で記事を検索!