あなたのカーナビ選びを強力サポート!! 〈カーナビニュース・ドットコム〉
carnavi-news.com


carnavi-news.com SPECIAL CONTENTS!!!

車種別専用設計が生み出す至高の ビューティフルフィット

美しさと高性能を兼ね備えた ハイコストパフォーマンスモデル
Panasonic Strada L series CN-LS710D
価格:オープン(実勢価格:本体+ビューティフルキット 15万円前後)
問い合わせ:パナソニック TEL 0120-50-8729  http://panasonic.jp/navi
●REPORT 浜先秀彰(Hideaki Hamasaki) ●PHOTO 澤田和久(Kazuhisa Sawada)
 ストラーダLシリーズはインパネに溶けこむような自然な装着感が魅力のモデル。2012年秋に従来からのHDDモデルに加えて、SDモデルの8型モニター搭載機「CN-LS810D」、7型モニター搭載機「CN-LS710D」がデビューした。
 今回紹介するのは「CN-LS710D」。フリード、ムーヴカスタム、アクアといった最新の人気コンパクトカーに対応しているもので、高精細モニターを搭載したナビ本体に車種別専用設計の取り付けキット、「ビューティフルキット」を組み合わせることで優れたフィッティングを実現する。さらに16GB・SDメモリー搭載による充実のナビ機能、パナソニックオリジナルのスマートフォン向けアプリ、「おでかけナビサポート ここいこ♪」との連携、多彩なAVソース再生、スマートフォン風のタッチパネルなどを備え、満足度抜群の1台に仕上げられている。
 
PART 1 
高い質感と優れた操作性を実現
 PART 2 クラストップレベルのナビ性能  
 PART 3 ハイクオリティなエンタメ性能  
車種ごとの完璧なフィッティング

 CN-LS710Dは車種別に専用設計された取り付けキット、「ビューティフルキット」と組み合わせることで美しいフィッティングを実現。ナビ本体は7V型モニターを搭載したフラットフェースデザインで、操作キーはビューティフルキットに装備されている。
 下のフリードの装着写真を見ればわかるが、純正パネルとの境目がわからない「完璧」といえる仕上がり。カラーや素材感は純正にピタリと合わせられている。しかも、それでいながらツヤの美しいピアノブラックや輝きを放つメッキパーツを採用し、ストラーダならではのデザイン性もプラスする。これはムーヴカスタムやアクアでも同様で、自然な装着感と個性を両立させている。

FREED ●ホンダ フリード


ホンダ フリード専用
ビューティフルキット
〈CA-FND71FRD〉

年式:平成23年10月〜現在
型式:GH/G Hybrid(DBA-GB3/DBA-GB4/
DAA-GP3)

MOVE CUSTOM ●ダイハツ ムーヴカスタム


ダイハツ ムーヴカスタム専用
ビューティフルキット
〈CA-FND71MCD〉

年式:平成22年12月〜24年11月
型式:RS/X(DBA-LA100S
/DBA-LA110S)

AQUA ●トヨタ アクア


トヨタ アクア専用
ビューティフルキット
〈CA-FND71AQD〉
※2013年2月発売予定

年式:平成23年12月〜現在
型式:G/S/L(DAA-NHP10)
※いずれも純正のナビゲーションシステム(メーカーオプション)を装着した車両には取り付けできません

多機能を快適に使いこなせる新オペレーション

 
■スクロール〜ルート探索
 使いやすさを追求したパナソニック独自のオペレーションを搭載している。
 タッチパネルにはモーションコントロールを採用。スマートフォンスタイルのタッチパネルコントロールで、地図操作時はドラッグやフリックでスクロールが行え、ピンチイン&ピンチアウト、2点タッチ&ダブルタップでスケールの縮小や拡大ができる。もちろん地図上にも「広域」、「詳細」といった操作キーが用意されているが、これを利用するよりも直感的に扱え、手元の操作キーを探す動作が無くなるため安全性の向上も期待できる。また、メインメニューであるツートップメニュー画面ではドラッグ操作で他のメニューを表示させられ、検索結果のリストではフリック操作でリストの送りや戻しができる。モーションコントロールは、これまでのタッチパネルよりも格段にスムーズに使いこなすことができるだろう。

●フルスクリーンマップ(通常)

●フルスクリーンマップ(ランチャーメニュー表示)

●ランチャーメニューカスタマイズ
 また、フルスクリーンマップでは、ふだんは地図上に操作用のキーはほとんど表示されない(写真:左上)が、「LAUNCHER」キーを押すとショートカット操作が行えるランチャーメニューを画面の下側に表示(写真:左中)。これによって、ふだんは画面いっぱいに広く地図を見せ、必要なときだけ操作性のよいキー表示が可能となるわけだ。しかもランチャーメニューの表示内容についてはユーザーの好みに合わせてカスタマイズ(写真:左下)ができ、ドライブ中に自分がよく利用する機能の設定が行える。
 
■主要スペック:搭載メディア・容量/SDHCメモリーカード・16GB ディスプレイ/7V型ワイドVGA(LEDバックライト) タッチパネル/静電式 再生対応AVメディア/DVD(DVD-R/RW)・CD(CD-R/RW CD-DA/MP3/WMA) ・SD/SDHC(SD-Audio/WMA/MP3/AAC/JPEG/BMP)・iPod/iPhone・USB・Bluetooth・FM/AM DSRC車載器(オプション) バックカメラ(オプション)接続対応 ※更新地図3年分付き(Webユーザー登録及びアンケートが条件)  
 
 PART 2 クラストップレベルのナビ性能  
 PART 3 ハイクオリティなエンタメ性能  

モデル名などの入力で記事を検索!