あなたのカーナビ選びを強力サポート!! 〈カーナビニュース・ドットコム〉
carnavi-news.com


carnavi-news.com SPECIAL CONTENTS!!!

シリーズ別に完全解説 愛車にピッタリのストラーダ選び

幅広いラインアップから 好みや使い方に合ったベストな1台を見つけよう
 Panasonic  Strada



L series 〈CN-L800SED〉


H series 〈CN-H510WD〉


H series〈CN-S300WD〉


H series 〈CN-Z500D〉
 
 幅広いラインアップはストラーダの魅力のひとつ。だが一方で、「どれを選んだらよいのかわからない」といった声も聞こえてくる 。
 そこで今回はストラーダ「Lシリーズ」、「Hシリーズ」、「Sシリーズ」、「Zシリーズ」の4つのシリーズのそれぞれの特徴を詳しく解説。自分の好みや愛車にピッタリのストラーダをぜひ選び出してほしい。
問い合わせ:パナソニック TEL 0120-50-8729  http://panasonic.jp/navi
●REPORT 浜先秀彰(Hideaki Hamasaki) ●PHOTO 澤田和久(Kazuhisa Sawada) 
 
PART 1 
各シリーズの個性をチェック!
 PART 2 ストラーダLシリーズ&Hシリーズ・レビュー  
 PART 3 ストラーダSシリーズ&Zシリーズ・レビュー  
 
 完璧な車種専用設計が 極上の美しさを実現Strada  L series
 市販ナビ=規格サイズ、という今までの概念を破り、完全車種専用ボディを実現したHDDナビが「ストラーダLシリーズ」だ。ラインアップはセレナ(平成22年11月〜現在)用が3月に、ステップワゴン(平成21年10月〜24年3月)用が4月に発売され、フィット/フィットシャトル〈いずれもハイブリッド含む〉用(インテリアカラーに合わせた3色のラインアップ)、マイナーチェンジ後のステップワゴン/ステップワゴンスパーダ(平成24年4月〜現在)用が8月に登場。
 いずれのモデルもフロントパネルはクルマのインテリアパネルと一体化しているため、メーカーオプション品並みの優れたマッチング。どこまでが純正パーツでどこからがストラーダなのかがわからないほどで表面の仕上げやカラーもピタリと合わせてある。そのうえ、市販モデルならではの品質感の高さやデザイン性を備えている。
 当然ながら2DINサイズにしばられないのでモニターサイズは従来の7V型より約1.4倍も大きな8V型を搭載し、操作キーのサイズも大型。機能面でも車種専用は徹底しており、サウンドイコライジングやスピーカー設定などの音質調整データ、ボディサイズの数値などがあらかじめ入力されている。 
 

〈CN-L800SED/セレナ用〉
 

〈CN-L800STD-N/ステップワゴン用〉
 

〈CN-L800FTD/フィット用〉
■主要スペック:搭載メディア・容量/HDD・60GB ディスプレイ/8V型ワイドVGA&LEDバックライト タッチパネル/静電式 内蔵アンプ最大出力/50W×4 再生対応AVメディア/HDD・DVD(DVD-R/RW)・CD(CD-R/RW CD-DA/MP3/WMA) ・SD/SDHC(SD-Audio/WMA/MP3/AAC/JPEG/BMP)・iPod/iPhone・Bluetooth・FM/AM ETC車載器(オプション)接続対応 DSRC車載器(オプション)接続対応 バックカメラ(オプション)接続対応  
 
 スタイリッシュなデザインと 軽快な操作感が魅力Strada  H series
 HDDナビの「ストラーダHシリーズ」は、凹凸のないフラットフェースの採用により、個性的でスタイリッシュなデザインを実現。品質感が高く、上級車種とのマッチングも抜群だ。タッチパネルは静電式でドラッグやフリックといったスマートフォンライクな操作が可能。メニュー操作や地図スクロールなどがこれまで以上にスムーズに行える。さらにフルスクリーンマップにより、手を近づけると自動的にダイレクトランチャーメニューを表示。使用するときだけ操作キーが現われることで、普段は広い地図が見られる。また、6月のモデルチェンジではiPhone、Androidに対応するスマートフォンアプリ「おでかけナビサポート ここいこ♪」との連携機能を追加。スマートフォン上で検索した地点を手軽に目的地として設定できる。
 ラインアップにはトヨタ車、ダイハツ車、一部の日産車に対応するワイドコンソールサイズ(横幅200mm)の「CN-H510WD」と、一般的な2DINサイズ(横幅180mm)の「CN-H510D」の2種類がある。多くのクルマで「ビューティフルフィット」な取り付けを可能としている。


〈CN-H510WD〉
 

〈CN-H510D〉
■主要スペック:搭載メディア・容量/HDD・60GB ディスプレイ/7V型ワイドVGA&LEDバックライト タッチパネル/静電式 内蔵アンプ最大出力/50W×4 再生対応AVメディア/HDD・DVD(DVD-R/RW)・CD(CD-R/RW CD-DA/MP3/WMA) ・SD/SDHC(SD-Audio/WMA/MP3/AAC/JPEG/BMP/AVCHD)・iPod/iPhone・Bluetooth・FM/AM ETC車載器(オプション)接続対応 DSRC車載器(オプション)接続対応 バックカメラ(オプション)接続対応  
 
 最新機能を満載した ハイコストパフォーマンス機Strada  S series
 上級となるHDDナビ・ストラーダHシリーズの高機能を盛り込みながらも手が届きやすい価格を実現したSDナビが「ストラーダSシリーズ」。高級感あふれるフラットフェースデザインを採用し、ワイドVGAやLEDバックライト、クリアパネルにより高精細で鮮やかな表示も実現している。ナビメモリーは16GBと大容量で、詳細な目的地検索や市街地図表示、渋滞予測ルート探索などを可能としている。また、AVソースも豊富に揃い、DVDやCDのほか、CDからSDへのリッピングやiPod/iPhone、USB、Bluetoothオーディオなども楽しめる。機能が充実したコストパフォーマンス抜群の1台に仕上げられている。
 ラインアップにはトヨタ車、ダイハツ車、一部の日産車に対応するワイドコンソールサイズ(横幅200mm)の「CN-S300WD」と、一般的な2DINサイズ(横幅180mm)の「CN-S300D」がある。多くの車種でスペーサーが不要なスッキリとした取り付けが行える。


〈CN-S300WD〉
 

〈CN-S300D〉
■主要スペック:搭載メディア・容量/SD・16GB(ナビ用)+4GB(エンタメ用) ディスプレイ/7V型ワイドVGA&LEDバックライト タッチパネル/感圧式 内蔵アンプ最大出力/50W×4 再生対応AVメディア/DVD(DVD-R/RW)・CD(CD-R/RW CD-DA/MP3/WMA) ・SD/SDHC(SD-Audio/WMA/MP3/AAC/JPEG/BMP)・iPod/iPhone・USB・Bluetooth・FM/AM DSRC車載器(オプション)2012年末バージョンアップにて対応予定 バックカメラ(オプション)接続対応 
 
 電動開閉機構搭載で オンダッシュ型モニターをスマート装着Strada  Z series
  今までにない電動開閉モニターをパッケージした、オンダッシュ型モニター付属のSDナビが「ストラーダZシリーズ」。純正オーディオや手持ちのオーディオを生かしながらカーナビをシステムアップしたいというニーズに向けたものだ。
 標準取り付けキットまたはBMW1シリーズ専用取り付けキットを使ってインストールが行えるが、モニターの美しいデザインと独自の装着方法によって、きわめてスマートなルックスを実現できる。本体は助手席シートの下(BMW1シリーズはグローブボックス下)に固定ができ、ワイヤレスリモコンはドリンクホルダースペースにはめ込める(車種によっては不可)。
 ナビ機能はAV一体型のストラーダSシリーズと共通で、16GB・SDメモリーにデータを収録。多彩な方法での目的地検索や見やすい地図、わかりやすい案内などを備えている。また、エンタメ機能も充実しており、フルセグ対応の地デジのほか、iPod/iPhoneやUSB、SD、Bluetoothなどによる音楽再生が可能。音声は外部入力端子またはFMモジュレータ(オプション)を通じてカーオーディオへと送ることができる。
 
〈CN-Z500D〉
■主要スペック:搭載メディア・容量/SD・16GB ディスプレイ/7V型ワイドVGA&LEDバックライト タッチパネル/感圧式 再生対応AVメディア/SD/SDHC(WMA/MP3/AAC/JPEG/BMP)・iPod/iPhone・USB・Bluetooth DSRC車載器(オプション)2012年末バージョンアップにて対応予定 バックカメラ(オプション)接続対応  
 
 ■ストラーダ シリーズ別 主要装備・機能 比較表
   Lシリーズ
CN-L800SED
 Hシリーズ
CN-H510WD
 Sシリーズ
CN-S300WD
 Zシリーズ
CN-Z500D
 容量・使用メディア  60GB・HDD  60GB・HDD  16+4GB・SD  16GB・SD
 モニターサイズ  8V型  7V型  7V型  7V型
 タッチパネル方式  静電式 静電式  感圧式  感圧式 
 モーションコントロール  ○ ○  ー  ー 
 純正ステアリングスイッチ連動  ー ○  ○  ー 
 ストラーダチューン  ○ ○  ー  ー 
 スマートフォン連携  ○ ○  ○  ○ 
 無料地図更新  3年間 3年間  最大3年間  ー 
 Bluetooth  ○ ○  ○  ○ 
 iPod/iPhone対応  ○ オプション利用  ○  ○ 
 地デジチューナー  フルセグ フルセグ  フルセグ  フルセグ 
 ETC車載器連動  ○ ○   ー ー 
 DSRC車載器連動  ○ ○  △※  △※ 
※=2012年末にバージョンアップで対応予定
 
 各シリーズ共通の注目ポイント!
 "おでかけナビサポート ここいこ♪” でカンタン目的地設定!
 パナソニックオリジナルのスマートフォン用アプリ「おでかけナビサポート ここいこ♪」はカーナビとスマートフォン(iPhone、Android)との連携機能を実現してくれる。詳しくは右のムービーを見てほしいが、アプリを立ち上げた後に観光スポットやグルメスポット、最寄の施設など希望の項目で検索を行い、検索結果画面に表示される「ナビへ送信」、「ここ行こ♪」のアイコンにタッチすると、位置データがBluetooth経由でナビへと送信される。ナビはすぐに目的地設定を行ってくれ、次の瞬間には設定されたルートを表示する。つまり、ナビには一切触ることなく目的地設定操作ができるのだ。観光スポット検索は「るるぶDATA」、グルメスポット検索は「ぐるなび」、最寄り施設検索は「Yahoo!JAPAN」のデータを使用しており、ナビには収録されていない新規開店のショップや新設された施設も掲載されている。ちなみにiPhone用アプリはApp Storeから、Android用アプリはGoogle Play Storeから無償でダウンロードが行える。
 ツートップメニューが生む直感的でわかりやすい操作
 パナソニック独自のオペレーションが「ツートップメニュー」。「MENU」と書かれた操作キーを押すとナビの目的地検索メニューとAVソース選択メニューを表示する。ストラーダのふだんの操作は「MENU」キーを押すことから始まるため、ナビを使い慣れない人でも戸惑うことがない。そのうえ、表示する項目は好みに合わせたカスタマイズまで可能。利用する機会の多い検索項目、AVソースをあらかじめ選んでおけば操作性がグンと高まる。シリーズによって表示デザインは異なっているが、いずれもひと目で機能が確認できるアイコンで、各項目のサイズが大きく押し間違いをしにくいなど使い勝手に優れている。
 パナソニックの技術を結集したこだわりの高画質
 ストラーダのいずれのシリーズも画質はクラストップレベル。ワイドVGAにクリアパネルを採用し、LEDとの組み合わせにより、明るく、高い視認性を生み出している。パナソニックが大画面薄型テレビで培った技術、高画質回路Peaksプロセッサーも採用され、これらによって高精細で鮮やか、そして透明感のある美しい映像表示を実現。地図上の細かな文字やアイコンなどがハッキリと読み取れ、地デジやDVDなどのAVソースもリアル感たっぷりに表現する。
 
 PART 2 ストラーダLシリーズ&Hシリーズ・レビュー  
 PART 3 ストラーダSシリーズ&Zシリーズ・レビュー  

モデル名などの入力で記事を検索!