あなたのカーナビ選びを強力サポート!! 〈カーナビニュース・ドットコム〉
carnavi-news.com


carnavi-news.com SPECIAL CONTENTS!!!

MapFan for iPhoneで iPhone&iPadが快適ナビに進化!
MapFan for iPhone Ver.1.5

問い合わせ:インクリメントP  http://mapfan.to/MFiphone
価格:2300円(App Storeからのダウンロード)
App Store>カテゴリ>ナビゲーション>MapFan for iPhone
iTunesプレビュー
●REPORT 浜先秀彰(Hideaki Hamasaki) ●PHOTO 澤田和久(Kazuhisa Sawada)

※ファイルサイズが20MBを超えているためiPhoneで電話回線を使用して直接App Storeからは購入できません。
ダウンロードするにはWi-Fiネットワークに接続するかご使用のコンピューター上のiTunesを利用して下さい。 
対応端末/動作環境:iPhone 3GS以降、iPad、iPod touch 第3世代16GBモデル以降/iOS 4.3以降
インストール時に約4GBの空き容量が必要(約1.9GBの実占有容量)
物件イメージ01

人気アプリがより使いやすくなって登場! ユーザーの声に応えて新機能を搭載!!
 物件イメージ01
iPhone向けの地図アプリとして人気の高い、インクリメントPの「MapFan for iPhone」がVer.1.5へと進化。デジタル地図メーカーならではの見やすさや扱いやすさに加え、操作感を高める数々の新機能が搭載されている。しかもiPadへの最適化対応を図ることで、iPhone、iPad(Wi-FiモデルはGPS非搭載のためナビとしての利用は推奨しない)の両方で利用することが可能となった。大幅な内容充実を果たしながらも価格は据え置きで、従来からのユーザーはそのまま使い続けられ、バージョンアップが可能な点もうれしい。
今回はナビ機能を満載したiOS向け地図アプリ、「MapFan for iPhone Ver.1.5」の新機能を紹介するとともに、「iPadナビ」の試乗レポートもお届け。iPhone、iPadユーザー必見だ。
 PART1進化のポイントはココ!  
 PART2iPadナビの実走チェック!

ユーザー待望のiPad最適化対応

 iPad2のリリースにより昨年から一挙にiPadユーザーが急増。これを受けてMapFan for iPhoneはネーミングに変更はないものの、今回のVer.1.5からiPadやiPad2への最適化を実現させた。
 拡大表示ではないため、iPhone同様の高精細を実現し、地図上の文字やアイコンもハッキリと美しく読み取れる。iPhoneとは多少レイアウトが異なり、操作用のアイコンが下部に一列に並んだり、一部の検索機能では地図上にリストをウインドー表示する。表示される地図の範囲も広いため、スケールを縮小しなくても広範囲が見られる。画面が大きいぶん、iPadでの使い勝手はiPhoneよりワンランク上だ。
     従来からの縦画面に加え横画面表示もOK 

 

 従来からのMapFan for iPhoneでは縦画面表示にしか対応していなかったが、今回新たに横画面表示にも対応。縦画面は進行方向が広く見られるのでナビ機能を利用する際には情報を先取りできて便利なのだが、カーナビのような感覚では今ひとつ使いにくかった。
 横画面では上の写真のように縦画面のときと同じ情報が表示されるものの、レイアウトが異なっている。好みや使用状況に合わせて縦、横が選べるわけだ。画面表示の切り替えは本体の向きに連動し、面倒な設定は不要。上の写真はiPhoneのもので、iPadでは表示レイアウトが異なっている。
           最新の地図データを収録

 このアプリは地図データを内部メモリーに格納することで、オフラインでも使えるのが大きな特徴。今回のVer.1.5では2011年8月末の全国のデータを収録しており、話題の最新スポットや新たに開通した道路の地図表示を行うことができる。
 その一例が下の画面写真(iPhone)。左は小浜西IC〜小浜IC間が2011年7月に開通した舞鶴若狭自動車道・小浜IC付近の地図。右は東京・池袋のサンシャイン水族館の地図で、2011年8月のリニューアルオープンを機に実施された名称変更(サンシャイン国際水族館→サンシャイン水族館)が反映されている。

 
        周辺スポットの検索ジャンルを強化

 現在地や任意の地点周辺にある施設を検索する「周辺施設検索」。ジャンルを選択すると施設名称をリストアップし、任意の場所は立ち寄り地や目的地、登録地などの設定ができる。これまでも駅や銀行、ガソリンスタンド、コンビニ、ファミレス、駐車場など利用機会の多いジャンルはフォローされていたが、新たに観光スポットやレジャースポット、温泉施設、ショッピングモール、道の駅などのジャンルが加わった。全部で32種類を用意している。
 下の写真は周辺施設検索を利用した場合に表示される画面(iPad)。左は検索ジャンルリスト、右はショッピングモールの検索結果となる。

 
         詳細なナビ情報表示を追加

 ナビゲーション情報の表示が充実したのも今回のバージョンアップの特徴。
 ルート探索結果の情報に所要時間、予想到着時刻、料金に加え、目的地までの総距離が表示されるようになった。また、ルート案内中には右の写真のように目的地までの残距離と予想到着時刻を地図上に表示。レイアウトはiPhoneとiPadでは異なる。
 iPadのクルマへの取り付けはどうする?

 
iPhoneをダッシュボードに装着するのは従来から見かけるスマートフォン用スタンドを利用すればよいが、サイズの大きなiPadはどうするのか? 頭を悩ませている人もいるだろうが心配無用。数はそれほど多くないがiPad用のスタンドも市販されている。今回撮影に使用したのはカーメイトの「ipadホルダー」シリーズで、iPad本体をホールドする「iPadアタッチメント」に、装着場所に応じて選択する「ベース」を組み合わせて使用する。ニーズやクルマに合わせてiPadをダッシュボード上、エアコンルーバー、ドリンクホルダー、ヘッドレストなど様々な場所にスマートにフィッティングさせられる。また、車載使用時はiPadが常時使用状態となるため内蔵バッテリーの消費が激しくなる。シガーライターソケットから電源が取得できる車載専用チャージャーも合わせて利用するといい。

 

左上:ME1 iPadアタッチメント+ME2 オンダッシュベース
右上:ME1 iPadアタッチメント+ME3 エアコンベース
左:ME101 iPad対応充電器

●上記製品の問い合わせ
カーメイト http://www.carmate.co.jp/
PART2iPadナビの実走チェック!

モデル名などの入力で記事を検索!