あなたのカーナビ選びを強力サポート!! 〈カーナビニュース・ドットコム〉
carnavi-news.com


Panasonic

パナソニック
ゴリラEYE CN-GP747VD
ゴリラ CN-GP745VD/GP740D/GP540D 

■2014年5月12日発表/7月10日発売(CN-GP540Dのみ6月12日発売)
価格:オープン(実勢価格:CN-GP747VD…7万円前後、CN-GP745VD…6万円前後、CN-GP740D…5万円前後、CN-GP540D…3万7000円前後)

●パナソニック http://panasonic.jp/navi

 
CN-GP747VD
 
CN-GP745VD
 パナソニックのポータブル型メモリーナビ、「ゴリラ」シリーズがモデルチェンジ。7型モニター搭載機にはドライブカメラ、FM VICS搭載の「CN-GP747VD」、FM VICS搭載の「CN-GP745VD」、ベースモデルの「CN-GP740D」の3機種、5型モニター搭載ベースモデルとして「CN-GP540D」をラインナップする。
 この中でも注目となるのは「CN-GP747VD」で、本体背面に装備されたドライブカメラによってドライブ先の美しい風景や万一の事故の様子を付属の8GB・マイクロSDHCメモリーカードに録画。高画質モード(1280×720)で約2時間、標準モード(640×368)で約14時間の記録ができる。再生はパソコンだけでなくナビ本体でも行え、ナビ本体の場合には記録された場所の地図を映像と2画面で表示する。
 4モデルとも基本機能は共通となり、優れたナビ性能を搭載。自車位置表示精度の高さはポータブル機トップクラスで、測位には3種類(GPS、みちびき、グロナス)の衛星受信、内蔵ジャイロセンサーを利用する。さらに冬に発売が予定されているOBD2アダプターを使えば車両コンピューターから車速情報を取得してトンネル内でも正確な位置表示が可能になる(CN-GP540Dを除く)。
 また、16GBの大容量メモリーを搭載することで約100冊分の旅行ガイドブック情報による検索やイラスト図を用いたわかりやすいルート案内画面などを実現。このほか高速処理回路「ゴリラエンジン」によるハイレスポンスや、Android向けスマホアプリ「おでかけナビサポート ここいこ♪」との連携(CN-GP540Dを除く)も大きな魅力だ。なお、CN-GP747VDとCN-GP745VDについては2017年11月30日までの道路マップ無料更新に対応し、SDメモリーカード経由で道路データ、音声案内データ、案内画像データの更新が可能だ。


CN-GP740D 


CN-GP540D

モデル名などの入力で記事を検索!